ED治療に役立つ薬にも色々な種類がありますが、効き目の出方や効果の持続時間は薬ごとに違いがありますので特徴はよく調べ好みに合うものを選びましょう。
できるだけ早く効果を発揮させたい即効性のある薬を選びたいという人にはレビトラがおすすめです。
レビトラの有効成分はバルデナフィル塩酸塩となっていますが、このバルデナフィル塩酸塩は水に溶けやすいという特徴を持っており他のED治療薬よりも早く効果を実感できるとされています。
個人差はあるものの服用後は30分程度で効果を実感でき最短では15分で勃起が得られるなど効き目の早さが特徴的です。

ED治療薬の中には食事の影響を受けやすいものもあり、それゆえに食事やお酒を我慢しているという人もありますが、レビトラは食事の影響を受けにくい薬でもありますので食事を楽しみたいという人にも向いています。

そして効果の出方も強力な勃起を得られるタイプの薬もあれば穏やかな効き目の薬もありますがレビトラは即効性にも優れており勃起が強力に得られることも人気の理由となっています。
薬にはどんなものでも少なからず副作用がありますので、レビトラを飲む前にはその副作用も知っておきたいところです。
まずこの薬は血管拡張作用がありますので、起こり得る副作用としては顔の火照り、目の充血や鼻づまりがあるとされています。

人によっては動悸をしたり頭痛を感じることもありますが、こうした副作用も薬の効果が切れると自然と収まっていくので軽度なものであればそれほど心配はないと言えるでしょう。
もしも副作用が強く出てしまう場合は一旦使用をやめ医師に相談してみることがおすすめです。
健康状態によっては服用が好ましくないこともありますので健康状態や飲んでいる薬については医師にきちんと伝えておくことが大切です。

一日に何度も飲んだり多めの量を飲んでしまうことも、成分が濃厚になりすぎて副作用を強めてしま可能性がありますので、正しい服用方法を心掛けましょう。

レビトラの効果を最大に発揮する服用方法とは?

レビトラは優れたED治療薬となっていますが、その効果を最大限に発揮させるためにはやはり飲み方にも工夫をしておきたいところです。
まず、この薬は食事の影響を受けにくいということで人気ですが、まったく影響を受けないというわけではありません。

食事をしても効果が得られないというわけではありませんが、暴飲暴食をしたり濃厚な食事を摂ってしまうと薬の効き目に影響が出てしまう可能性があります。
それゆえ、十分に効果を発揮させたいのであれば食事は軽めにしておくか、空腹時を選ぶと良いでしょう。

さらにお酒もリラックスを得ることが出来ますし、気分を高めるのに役立ちますがあまりに多くの量を飲んでしまうと薬の効果が半減してしまう可能性もありますので過度な飲酒は避けたいおきたいところいです。
そしてお酒を飲むことで副作用が強まってしまう可能性もありますのでリスクを避けるためにもお酒は控えておくほうが良いでしょう。

そして、レビトラには5mg、10mg、20mgの種類がありますが、人によって合う量は違ってきます。
5mgであまり良い効果を実感できない場合は10mgや20mgを選ぶなどそれぞれの体質に合わせた用量を選ぶことも大事です。

さらに即効性に優れた薬として知られていますが、効き目にも個人差がありますのですぐに実感を得られる人もあればやや時間がかかる人もあります。
あまり直前に飲んでしまうとまだ薬の効果が十分ではない可能性もありますので、性行為の45分前までには飲んでおくことがおすすめです。
そして、即効性に優れた薬ですが効果の持続時間はそれほど長くはありません。
10mgのもので5時間程度とされていますので、飲むタイミングも気をつけたいところです。