自分の彼女・彼氏が不感症であるとわかった場合は、付き合っている相手としてどういう対応をすれば良いのでしょう。
実は、不感症というのは、薬を飲めば簡単に解決できるとう問題ではないのです。
原因として考えられることとしては、精神的な問題がある場合と、性的な興奮を感じるところの神経生理学的な問題がある場合とがあり、この二つが連動して起こっていることも多いのです。
何かしらストレスを感じているとそれによって体も疲れた状態になるので、結果として性的な感覚が鈍くなってしまうのです。
何も対処をせずにいれば、セックスレスの関係になることは間違いないでしょう。

男子の不感症は、性的な刺激に反応をしない、勃起をしない、射精ができないなどの症状があり、女子の不感症は、性的な興奮が起こらない、オーガズムに達することができないなどが主な症状として挙げられます。
これらは自分自身の意思ではどうにも改善することができないために、不感症である本人だけではなく、その相手にとってもお互いにかなりのストレスとなってしまうことになるのです。
こういったことでセックスレスになっている夫婦であれば、子どもができないことにも繋がりますし、世間体や自分の立場などから、さらにストレスを溜めることになってしまうでしょう。

精神的な要因が大きいこともあり、その対処法として有効であると思われるのは、性行為前の濃厚な愛撫にあります。
環境づくりも重要なことで、部屋の照明を間接照明だけにしたり、性的な興奮を刺激するアロマなどの香りを部屋に充満させてみたりすることで、心の安定と外部刺激に敏感になりやすい状態に持っていきやすくなります。
性行為はお互いのコミュニケーションが大切です。
不感症であるからと焦らずに、愛情を持って接することが心の落ち着きとなり、そういった行為は楽しくて気持ちが良くなるものだということをお互い認識するように持っていきましょう。

不感症の改善はセックスレス解決の第一歩です

不感症を改善することは、夫婦関係を改善していきますしセックスレスの第一歩にもなります。
自分が不感症であるかどうかは、自覚症状がある方もいますし気がついていない人もいます。
彼女や彼氏が不感症かもしれないと思った場合には、ともに改善する方法を考えていくことが大切です。一人で改善していくことはなかなか難しいからです。

女子はセックスに対しても比較的消極的な傾向があります。
どうしても男性に比べると受け身になってしまうことが多いので、不感症の人も多いのです。
しかし、不感症であると実感してもデリケートな問題ですので、恥ずかしくて対応を考えない方もいます。
意識して治していかなければ改善することはありませんので、恥ずかしくても治す方法を考えていきましょう。

具体的に改善していく方法は、過去にトラウマがある方や嫌な思いをしたことがある方はまずは心のケアをしていくことが大切です。
専門家によるカウンセリングを受けることで、過去のトラウマから解放される場合がありますので一度受けてみるといいでしょう。

骨盤矯正やツボ押しをすることも効果があります。
きちんとしたツボの場所を知っていれば自分ですることができますので、自宅で空いた時間に無理なく行なうことができます。
冷え体質の方は子宮を暖めることが大切です。マッサージをしたり食事や運動などの生活改善をすると、冷え体質が改善されて不感症も治っていく場合があります。

マッサージをする場合は、自分自身でもすることができますがパートナーにしてもらう方が効果がある場合もあります。
不感症の改善はパートナーと一緒に治していくことが一番効果があるのです。パートナーと一緒にセックスレスを解決していきましょう。