男性は性的興奮を得ることによって男性器に血液が流れて勃起するようになります。
ところが中には性的興奮をなかなか感じずに勃起しなかったり、勃起しても性行為の途中で勃起力が持続しなくなる男性も居ます。

勃起できない理由は人それぞれで一概には言えませんが、通常では勃起しない人にとって勃起持続を促進してくれる勃起薬はとても心強い味方です。
ところが、勃起薬を使った音が無い人から見ると、勃起薬を一度使えば依存するのではないかという不安があります。

結論から言えば勃起薬を飲んだからといって薬に依存するようなことはありません。
ED治療薬には飲まないと禁断症状が出るような成分は一切入っていないので、依存症になることは決してありません。

ところが、実際にはED治療薬を飲み始めると、薬を飲まなければセックスできないような状態になる人が存在するのも事実です。
まるで依存症そのもののように見えますが、これは依存しているのとは明らかに違います。

どうしてED治療薬を飲まないとセックスが出来ないという人が居るのかというと、薬を飲まないとまたセックスのと竜で勃起持続力が無くなるのではないかという恐怖感が出てくるからです。
肉体的には依存はしていませんが精神的には薬に依存している状態だと言えます。
精神的な依存をする可能性があるというのは薬を服用するうえでの注意点の一つです。

また、飲まないとセックスできないのではという恐怖感ではなく、ただ単に薬を服用すると質の良いセックスが出来るからという理由で辞められなくなる人も存在します。
確かに服用することで感度も増しますし、質の良いセックスが出来るようになりますが、決して飲み続けるようなものではないという事は覚えておいてください。

ED治療薬を服用する際には服用した際の精神的なケアをするように注意してください。
薬で勃起力が回復しているのはあくまで一時的なものです。根本的な下人を見つけて改善するようにしましょう。

性行為に自信がつくとEDは改善されることも多い

勃起しなくなる原因の一つに心因性、つまり心や精神的なことが原因によるものがあります。
例えばセックス中にとてもつらい経験をした場合はその経験がトラウマになって再び同じような経験をするのではないか等言う恐怖感からか、セックスをするときに性的興奮を感じることが出来ずに勃起力が持続しなかったり、全く勃起しなかったりします。

心因性のEDに対してはED治療薬はとても高い効果を発揮します。
心因性のEDを改善させる最も良い方法はセックスすることに対して自信を持つことです。

ED治療薬は性的興奮を高めて血行を促進させる効果があります。
いつもより性的興奮を覚え勃起できたことがまず一つ目の自信につながります。
そして最後までセックスできたときに昔からのセックスに対するトラウマから解放されます。

一度セックスに成功すれば、あとはしばらくED治療薬を飲みながらセックスすることを繰り返すようにしましょう。
しかしいつまでも薬に頼ったセックスをしていても完全に病気は治療できないので、どこかの段階で薬を飲まずにセックスする必要が出てきます。

無事に薬なしでセックスすることが出来れば過去のトラウマは完全に自分の中から消え去って自信を持ってセックスをすることが出来るようになります。
心因性のEDは原因としてはとてもデリケートなものですが、上手くいけば短期間で克服できるタイプでもあります。

心因性のEDを早期に克服するにはパートナーである女性に協力してもらうことがとても有効です。
何度もセックスをしていれば相手がEDかどうかは何となく感じています。
告白するのは勇気が必要ですが、思い切って改善することに協力してもらうようにパートナーに伝えてみましょう。