男性が勃起力が衰えてEDになるように、女性もストレスや年齢により性的欲求低下障害や感じにくくなる場合もあります。
そんなときには女性用バイアグラを試してみませんか。ラブグラやフリバンセリンが有名です。
これらの女性用バイアグラはそれぞれ違った仕組みで女性の性欲に効果をもたらします。

ラブグラは男性用と同じシルデナフィルを有効成分とする薬です。服用することで血の巡りがよくなり、快感が感じやすくなるのです。

一方のフリバンセリンは元々は抗うつ薬として使われていたものです。身体的にというよりも脳に直接作用するのです。
ドーパミンやノルエピネフリンといった神経伝達物質に働きかけ、「したい」という気分にしてくれます。
年齢を重ねる中で性欲が落ちてきた更年期前の女性向けの薬です。すぐに効果が出てくるというわけではなく、4週間から8週間服用しなければなりません。
副作用が強くなるため服用中はお酒を控えなければなりません。
気分に働きかけるため効果が実感しにくいという方も多く、自身によい効果をもたらすかどうかは個人差があります。

どちらもAVにあるような服用するだけでムラムラしてくる媚薬のような薬ではありません。
また、どちらも副作用もあることから日本では承認されておらず、購入するには個人輸入代行業者を通じて海外から取寄せるしかありません。
想像しているものとは異なるでしょうが、気になるようであれば試してみてもいいでしょう。
性行為がうまくいかないことでパートナーとの関係がギクシャクしてくることだってあります。

ただし、必ず信頼できる代行業者を通じて購入しましょう。アルコールと併用しない、など用法用量を守って利用しましょう。
何か変化があれば早めに医師に相談するようにしてください。媚薬的効果はありませんが、血流改善や神経伝達物質の活性化など、良い方向に向かう方もいます。
日本では未承認なものの、世界には愛用者も多くいます。

フリバンセリンの効果と副作用について

勃起不全や早漏など、男性の性的な問題点を改善するための薬が様々に存在することは広く知られていますが、性的な問題を抱えるのは男性だけではありません。
女性も男性同様に性的な問題に悩まされることは少なくありません。

特に更年期が近づく中年期の女性にとって、性欲が低下する問題は深刻です。
パートナーから性行為を求められても応じることが出来ない事が続くと申し訳ない気持ちに苛まれるものですし、二人の関係にも影響を及ぼさないとも限りません。
何よりまだまだ一人の女性として性行為を楽しみたいと考えている女性にとって性欲の体かは男性の勃起不全と同じだと考えても良いでしょう。
そこで活用したいのが女性用バイアグラとも言える薬です。

その中でもラブグラは非常に有名ですが、フリバンセリンも忘れてはいけません。
フリバンセリンの大きな特徴は身体に作用するのではなく、脳に直接作用する薬だというところです。
神経伝達物質であるドーパミンなどの分泌や伝達を向上させることにより性的欲求を活性化させる効果があり、更にドーパミンの働きを阻害するセロトニンの分泌を抑える効果まであります。
性的興奮が高まることによって膣内の分泌液も多くなりますので、性欲の低下や性行為が難しいという悩みを持つ女性にとってはうってつけの薬だと言えるでしょう。
ただし、そんな夢のような女性用バイアグラには副作用もありますので服用には注意が必要です。

代表的な副作用としては、吐き気やめまい、眠気や倦怠感があり、他には低血圧の症状を訴える女性もいます。
特に眠気は出やすい副作用ですので、出来るだけ就寝前などその後の日常生活に影響を及ぼさない時間帯での服用が理想的です。
アルコールとの同時摂取も副作用が出やすくなるため避ける必要があります。
そのため性的欲求の低下に悩む女性はこれらの注意点を守って正しく服用し、フリバンセリンの効果を存分に体感してみてはいかがでしょうか。